横浜の遺品整理ならお任せ下さい。

株式会社Leapmaker ベイクリーン
無料見積りフォーム

横浜市の遺品整理【ポイントとFAQ】

横浜市で遺品整理が必要な方は、迷わずベイクリーンまでご用命ください。
弊社では故人様の思い出が詰まった大切な遺品を、真心こめてしっかり整理させていただきます。はじめて遺品整理を行う方がほとんどだと思います。そのため、遺品整理を行う際には何から手を付けていいか分からない方も多いのですが、弊社では横浜市を中心として、神奈川全域に渡ってご連絡いただいたお客様のご自宅までお伺いし、遺品整理の相談に乗り、無料でお見積りさせていただきます。お電話やメールにてお問い合わせいただければ、お客様のご都合の良い日時をお聞きして、できる限り要望に応えられるようスケジュールを調整させていただきます。お急ぎのお客様には即日対応も可能ですので、何なりとお気軽にお伝えください。気になる料金は、弊社ホームページ上でも案内しておりますが、我々はリサイクル・リユース活動にも力を入れていて、不用品の買取サービスも行っているので、まだ使えるものなら遺品でも買取専門の査定員がしっかり鑑定をして、高額買取をさせていただきます。遺品整理にかかる費用から買取分を差し引くことで、費用の負担を削減させることができますし、金額に納得できない場合には、その後の作業を中止しても、キャンセル料は一切いただきませんので、安心してお問い合わせください。

遺品整理 横浜市

01遺品整理とは?

遺品整理とは、故人の思い出をしっかりと整理するお手伝いをする仕事のことです。
昔は形見分けなどと言われたりもしましたが、そもそも遺品を整理する機会というのは一生のうち、数回あるかないかです。
しかし、関係が深ければ深いほど、遺品1つ1つに故人との思い出が蘇ってきてしまい、遺品整理ができない、遺品整理に数年かかる…なんていうお話も耳にします。
さらにいえば、遺品が財産になるような高価なものが残っていたりした場合、それが原因で親戚間で揉め事が起こった…ということも実際にはあるそうです。
そこで、遺品整理そのものを、遺品整理業者に依頼してしまうということが最近ではおすすめされており、遺品整理士という資格を持った人にお願いすることで、面倒なゴミの分別などもしなくて済みますし、遺品整理を1日?2日で終わらせることが可能となります。
遺品整理が必要になった場合は、ぜひ遺品整理業者に依頼することも、検討してみてください。

02遺品整理が初めての方へ

身内が亡くなるのはすごく悲しいことですし、精神的にも肉体的にも負担が大きいことです。
そんな中でもやらなければならないのが、遺品整理です。
遺品整理とは、簡単に言えば「故人が所有していた物を整理すること」です。
いわゆる形見分けと似ていますが、持ち物だけではなく相続の対象となるような金品、ブランド品なども整理することが遺品整理のポイントとなります。
しかし、何が大切だったのか、などは故人にしかわかりませんし、遺族が遺品整理する際には、まだ気持ちの整理がつかずに処分することに抵抗がある場合も。
ただ、遺品整理で特に重要なのが、財産の有無をしっかり確認することです。
財産でも、資産となるものは相続すれば良いですが、負債も相続してしまうと大変なことになります。
例えば、よくあるトラブルでは、どこからかの借金があることを知らず相続してしまい、ある日突然家に借金回収の通知が届いた、なんていうケースです。
この際、悪徳業者の場合は、相続放棄の期限が過ぎたタイミングで押しかけることもあるそうなので、しっかりと遺品整理することは、後々のトラブルを回避することにつながります。
ただ、自分でやるには限界があるかもしれないので、必要に応じて遺品整理士などのプロの力を借りると良いでしょう。

遺品整理が初めての方へ

03遺品整理をする際の3つのポイント

死というのはいつも突然です。
そのため、遺品整理などはついつい後回しになってしまい、大変になることも。
今回は、遺品整理について、大切な3つのポイントをご紹介します。

1.税金や契約関係を整理する
まずやるべきなのは、税金関係や契約関係を整理することです。
・クレジットカード各種
・保険
・年金関係
・NHK
・水道・ガス・電気などのライフライン
・携帯電話
などなど、故人が使っていた契約などを全て解約するようにしましょう。
合わせて、最終の支払いなどについてもしっかりと確認してください。

2.いるものといらないものを仕分けする
次にやるべきなのは、故人の遺品を整理すること。
基本的には、いるものといらないものを仕分けしましょう。
ポイントは、スピード感と回数です。
例えば、いる・いらないの判断をした後で、次の日にはもう一度いるに仕分けたものをさらにいる・いらないに分ける。
このようにやるとスムーズに処分できます。

3.不動産や相続関係を整理する
最後は、不動産や相続するものがあればそちらを整理しましょう。
実は借金があったなどの場合、しっかりと調査しておかないと後々大変になってしまうので、遺品整理は慎重に行いましょう。

04横浜で依頼できる遺品整理を含めたゴミ回収の種類

横浜で依頼できる遺品整理を含めたゴミ回収の種類

不用品回収には、いろいろな種類があります。中でも業者の対応が丁寧なものに、遺品整理があります。不用品回収や清掃業者に比べ、対応範囲が広く、種々のリクエストに的確に応えてくれるのです。
例えば、遺品整理の際は遺族は前もって遺品を整理する必要がありません。どうしても手放したくないものは、前もって確保しておくことをおすすめしますが、基本的にはお任せできるのです。遺品整理を巡って難しいのが、どの品物にも亡くなった方の思い出が詰まっていて、なかなか処分できないことです。少々冷たい感じもするのですが、やはりここは第3者が介入することで整理がスムーズに進みます。
整理の後は、回収と処分、清掃を依頼できます。処分に関しては、御焚き上げも存在します。これは成仏した故人のもとへ、日常使っていたものも合わせて天に昇らせるというものです。多くの場合立ち会いはできませんが、お焚き上げの様子を表した写真やお焚きあげ証明書などを入手することができます。
親族が亡くなってしまうと生活が一変するケースが少なくありません。外部のサービスをうまく利用し、落ち着いた生活を取り戻すことが大切です。

05遺品整理事業の対応エリアについて

遺品整理事業に対応エリアの制限はありません。全国各地で遺品整理専門業者が活躍しています。

遺品整理は、その他の回収専門業者と異なり、回収後の処分の段階まで責任がついて回ります。特に遺族の方が「お焚き上げ」まで希望する場合は、遺品の焼却証明まで準備する必要があります。

そのためお客様への誠実な対応が何より求められます。残しておきたいもの、他の人に使い続けてほしいもの、天国に送りたいものの整理は特に重要です。

優良業者というのは、得てして情報公開への対応に優れています。ホームページ上には目安の価格から発注のプロセス、追加可能なオプションなどが並んでいます。Q&A も充実していれば、あなたの感じる疑問にすでに先回りした回答があるかもしれません。

最終的な業者選定の前には、類似業者で相見積もりを取ることをおすすめします。相見積もりとは複数の業者から見積を取り寄せ、その中身を比較検討し発注業者を決定する作業のことです。見積もりの中の内訳やアフターサービスの質にも気を配りましょう。

お住まいのエリアで、あなたの要望にピッタリの業者をぜひ見つけてみてください。

06横浜で遺品整理を依頼する際の費用の目安

遺品整理を依頼する際、やはり気になるのは費用の目安でしょう。大まかに遺品整理は、遺品の処分と清掃、加えてお焚き上げと、3つのパートに分けることができます。もちろんこの3つ全てを依頼する必要はなく、希望するパートのみの依頼も可能なのですが、処分してしまうのは故人に対し不義理と映ってしまいかねませんし、天国に旅立ったあとも生前利用していたものを使ってほしいという思いから、一緒に成仏させるお焚き上げは大切なパートと言えます。
住居内の清掃も同様で、思い入れがあるとなかなかさっぱりと掃除することが難しいこともあります。プロに任せることで、丁寧な対応ときちんとした仕事を期待できます。
上記のように遺品整理にはいくつかのパートがあり、その取捨選択で費用は変わってきます。優良業者であればホームページ上で大まかな料金表が提示されています。業者選定の際はきちんと確認して、できれば複数社で比較検討してみましょう。

横浜で遺品整理を依頼する際の費用の目安

見積り依頼が可能であれば、これも複数の業者から取り寄せて相見積もりすることが重要です。この際は費用だけでなく、施工の丁寧さなどを写真をもとに確認することも重要なので、お忘れのないように。

07横浜市で遺品整理を依頼する際の3つのポイント

01依頼する範囲を決めましょう。

遺品整理はなかなか手を付ける心の準備ができないものです。業者に依頼することによって決断するきっかけとされる方も多いのが現実です。しかし、いざ業者が現場にやってくると、あまりのんびりと思い出に浸ったり、じっくりと手元に遺すものを選別する時間はありません。どうしても遺しておきたいものや、大切なものがあることがわかっている場合には、あらかじめ別の場所に保管する、業者に依頼するスペースを区切る、などの準備をしましょう。

02予算を決めましょう。

遺品整理業者は様々あり、料金設定も非常に多岐にわたります。良心的なところであれば、事前に見積もりを提示したり、所要時間に応じた料金表を公開したりしています。おおまかな予算を決めて、その範囲でお願いできそうな業者を探しましょう。

03最適な業者を選びましょう。

遺品整理の業者については、残念ながらトラブルも散見されます。料金が不明瞭だったり、了承を得ずに大切なものを処分されたりといったケースがあります。見積もりの確認はもちろん、できるだけ口コミなどの評判を確認して、なるべくご遺族に寄り添った対応ができる業者を見つけましょう。

08横浜市の外壁塗装の他社との違いとは?

大切なご家族が亡くなった時、いろいろと大変な中で最後にやらなければならないのが遺品整理です。
葬儀や火葬、四十九日などの法要は色々と手配をお手伝いしてくれる業者がいたり、周りの親族も気にしてくれますが、遺品整理は「自分でやらなければ」と一人で抱え込んでしまう方が多いことも事実です。
しかし、大切なご家族が亡くなった後、寂しさ、悲しさのあまり、いつまで経っても故人の遺品を整理できないなんてことも…。
そんな時におすすめしたいのが、遺品整理業社に依頼することです。
しかし、個人との思い出が詰まった遺品整理をしてもらうのですから、しっかりとした業者に依頼したいですよね。
そんな時、複数の遺品整理業社を比べる上で、違いとして考えてほしいのが、遺品整理士の資格の有無です。
遺品整理士とは、遺品整理のプロのことを言います。
全スタッフが遺品整理士の資格を持っている業社と遺品整理士の資格を持っていない業社(もしくは一部のスタッフが保有している業社)であれば、どちらに安心してご依頼できるでしょうか?
遺品整理を依頼するとき、競合他社で悩んでいる場合は、ぜひ遺品整理士の資格の有無で判断されることをおすすめします。

09横浜市内で遺品整理を依頼する際の相談事例

横浜市内で遺品整理を依頼する際の相談事例

遺品整理を依頼する際の相談事例をご紹介しましょう。
よくある相談に、「遺品整理はどうやって進めばいいのかよくわからない」というものがあります。亡くなられた方の思いが詰まっている品を処分するのはなかなか心苦しく、また思い出も蘇ってきてなかなか分別を進められないこともあります。しかし、ご家庭の事情によってはいつまでもそのままにしておけないシーンもあることでしょう。こういった際は専門の業者に依頼してまとめて処分してもらうこともできます。場合によっては買取にも対応してくれるので、思わぬ収入が入ることもあります。
また、遺品に関しては天国に召された後でも使い続けてほしいという願いから、御焚上という習慣もあります。これは遺品を燃やし、煙を天にあげることで来世に届けるものです。環境保護の観点から現在は御焚上ができる場所、業者は限られています。依頼する際には御焚上に対応した専門業者にコンタクトをとってみましょう。御焚上後は証明書の発行などに対応してくれるところもあります。
まずはどういった形で遺品整理を進めたいか相談されることをおすすめします。

10横浜市で遺品整理の依頼を検討する際によくある3つの質問

遺品整理の依頼を検討する際によく出る、3つの質問に回答しましょう。
質問 遺品整理とはなんですか?
回答 亡くなられた方の形見の品などを回収するものです。通常の不用品回収業では処分と再販がメインに回収後の製品の行く末が決まりますが、遺品整理の場合はお焚き上げというものがあります。これは遺品を燃やし、天国の故人のもとに届けるというものです。お焚き上げに立ち会うこともできますが、多くの場合は専門業者に任せ、後日お焚き上げ証明書を発行してもらうスタイルが取られます。
質問 お焚き上げには別途費用がかかりますか?
回答 回収と処分が基本的な遺品整理事業ですので、お焚き上げをご希望される場合は、オプション扱いとなり別途費用がかかる場合がほとんどです。価格帯は様々ですので、まずは専門業者にご相談ください。
質問 部屋まるごとの整理と遺品の処分もお願いできますか?
回答 回収の規模に関しては、業者によって対応能力が異なります。まずは部屋の規模と遺品の数、できれば品目のリスト等をご提示ください。そうすれば、スムーズに作業が進みますし、見積もりも出しやすいです。

11横浜市で遺品整理業者選びをする際の注意

POINT 遺品整理とは、遺されたものを回収する事業です。ただ他の回収業と違う点はお焚き上げが存在する点です。これは遺品を荼毘に付し、天上へ先立たれた方に寂しくならないよう捧げる意味合いがあります。遺品整理業者を選ぶ際には、このお焚き上げに関して証明書の交付など、きちんとお焚き上げを行った事実を証明できる業者であるかに注目しましょう。一般的にお焚き上げには同席ができません。信頼関係が重要と言えます。
また、遺品整理の場合は亡くなった方の生活空間をそのまま清掃することも同時に行われる傾向があります。
まとめて引き取ってもらうことは楽ではありますが、やはり費用がかさんでしまう傾向があります。できる限り分別し、残すものと引き取ってもらうものをわけ、自力で処分できるものは処分した上で、回収の相談と依頼をしてみてはいかがでしょうか。
買取に関しては対応できる業者とそうでない業者があります。こうした点も事前に確認しておくと回収費用を抑えることも可能です。
まずはホームページを確認の上、業者に電話やメールでコンタクトをとってみることをおすすめします。

12横浜市で遺品整理を依頼する際に使える業界用語

お焚き上げ

遺品整理業と不用品処分事業はよく似た業者と言えます。しかし、遺品整理事業には特異な点が1つあり、それが「お焚き上げ」です。これは故人の方の思いを汲み取り、ともに天へのぼり死後の世界でも使い続けてくれることを祈り、火葬とは別に燃やして点に届けるというものです。
遺品整理専門業者の中には専用の焼却設備を持っているところも多く、周囲の環境や迷惑にも配慮しながらお焚き上げのできるところがあります。こうした業者に依頼すれば、遺品を処分や中古品転売にまわすことなく、そのまま天に送る事ができるのです。
お焚き上げの後は、証明書が交付されお焚き上げの事実を確認することができます。立会いをご希望の方は、業者により対応が異なるので、まずは問い合わせてみることをおすすめします。
遺品整理は、故人の方の思い出を振り返りながらの作業となることが多いです。そのためになかなか整理が進まず、結果的に今住んでいる方の生活空間を圧迫してしまうもあるのです。故人の方への思いは大切にしつつも、現在をそして未来を見つめながら生きる方のために、遺品整理専門業者は、今日も遺された方の思いを大切に業務に邁進しています。

FAQ一覧

PageTop

株式会社Leapmaker ベイクリーン
無料見積りフォーム