親の遺品整理で失敗や後悔しないためのコツとは|横浜の遺品整理ならお任せ下さい。

株式会社Leapmaker ベイクリーン
無料見積りフォーム
space

faq

Q

親の遺品整理で失敗や後悔しないためのコツとは

質問 先日横浜に住む父親が亡くなりました。
私は3人兄弟の長男で、現在は東京の会社で働いていて、会社の近くの賃貸マンション暮らしをしていますが、弟も妹もすでに結婚して横浜の家を出ているため、一人遺された母の面倒をみるために家族で横浜の実家に戻ろうと考えています。
まだ葬儀が終わって間もないですが、父には祖父から受け継いだ不動産の他にも、金目の貴金属や骨董品などもあるので、今後は遺産相続について家族間でいろいろ話さなければいけないことが出てくるかもしれません。ちなみに、遺言書があるかどうかもまだ認識していません。
遺産相続するためには遺品整理も行わなければいけないと思うのですが、初めてのことなのでどうしてよいか分かりません。
親の遺品整理で失敗や後悔しないためのコツがあればぜひ教えて欲しので、どうぞよろしくお願いいたします。

yajirusi

A

まずは貴重品を探索しましょう

遺言書やエンディングノートなどがあって、そこに全ての財産が記載されている場合を除いて、まずは貴重品を探索することからはじめましょう。
貴重品には貴金属以外にも、銀行などの通帳や印鑑、土地の権利書などの不動産関連の書類、有価証券関連の書類、金融資産の書類、生命保険や損害保険関係の書類、年金手帳などの年金関連の書類など挙げられます。尚、借金がある場合は、それも負の資産になるため借入金の関連書類なども探しましょう。
遺品整理をスムーズに行うには、残すものと捨てるものに仕分けするのが基本ですが、判断が付かないものも多いと思うので、それに加えて保留の3つに分類しましょう。仕分け作業は個人で行うのではなく、相続権のある親族間で話し合って行います。
遺品整理ではどうしても思い入れの強いものを残してしまいがちですが、そうすれば捨てらないものばかりになるので、思い切りも必要です。ただし、日記や手紙や仕事に関する書類は後から必要になることがあるので残しておきましょう。
遺品整理を行うときには、形見分けをすることも大事なポイントです。親族以外にも故人が親しい親戚や友人と生前譲ることを約束していた品などがあるケースも少なくありません。
遺品を売ることに抵抗がある方も多いようですが、遺品を売ることは故人への供養になるので、買取店などを積極的に利用しましょう。ただし、高額な遺品は相続税の対象になるため注意が必要です。

PageTop

株式会社Leapmaker ベイクリーン
無料見積りフォーム

| top | 不用品回収業者と遺品整理業者の違い | 遺品整理の途中で、踏ん切りがつかない場合 | 遺品整理は遠方からでも利用できますか? | 遺品整理を手伝って頂ける業者 | 遺品整理を手伝ってもらえる業者 | 適切な処分をして下さる遺品整理業者 | 横浜で丁寧に遺品整理をしてくれる業者 | 遺品整理で撤収される品物の処分方法 | 遺品整理はいつ頃から始めれば良いのか | 遺品整理を丸ごとお願い出来る業者 | 遺品整理をしないままで起こり得るデメリットとは? | 遺品整理を効率的に行うにはどうすれば良い? | 不用品回収業者と遺品整理業者の違いとは? | 遺品整理が大変だと言われる理由とは? | 遺品整理で捨ててはいけないものとは? | 罪悪感を抱かないで遺品誠意をするにはどうしたら良い? | 遺品整理が終わるまでに必要な期間はどのくらい | 遺品整理は何から手をつければよい? | 孤独死の遺品整理は誰が行うの? | 親の遺品整理で失敗や後悔しないためのコツとは | 遺品整理が遅くなって損をするのはどんなとき? | 遺品整理を業者に任せた方がよいのはどんなとき | 遺品整理で買取してもらいやすい遺品とは | 自分で遺品整理をするために知っておくべきこととは? | 安心して依頼できる遺品整理業者のチェックポイントとは? | 賃貸の遺品整理は相続人が行わないといけないの? | 孤独死した現場の遺品整理を行うときの注意点とは | 遺品整理を自分たちで簡単に済ませるコツや方法とは |