孤独死した現場の遺品整理を行うときの注意点とは|横浜の遺品整理ならお任せ下さい。

株式会社Leapmaker ベイクリーン
無料見積りフォーム
space

faq

Q

孤独死した現場の遺品整理を行うときの注意点とは

質問 最近は孤独死のニュースをテレビなどでよく目にするようになっていましたが、今までは正直他人事だと思っていてあまり興味をもっていませんでした。しかし、昨年の年末に母のお父さんである祖父が他界して、横浜市内のマンションで祖母が一人暮らしをすることになりました。
さらに、先日小学生のときからの親友のおじい様が亡くなり、私も何度も会ったことがあり、お年玉をもらったこともあったのでお葬式にも参列してきました。そのときに親友からおじい様が孤独死であったことを知らされ、他人事ではないと思い知らされました。
後日親友から、おじい様が住んでいたマンションにあった大量の遺品を整理するのに何日もかかって大変だったことを聞かされました。
普通の遺品整理よりもかなり苦労したと言っていましたが、孤独死した現場の遺品整理を行うのは何が大変で、どんなことに気をつけなければいけないのでしょうか?

yajirusi

A

孤独死の現場では特殊清掃が必要になります

孤独死した故人が住んでいたアパートやマンションの一室を遺品整理するのが大変であることの理由の一つには、特殊清掃が必要なことが挙げられます。さらに、賃貸物件の場合は退去期間が限られていて、それを過ぎれば翌月分の家賃が発生してしまうので、時間に追われて作業を行わなければいけないようなケースも多いです。
孤独死してもすぐに発見されれば特殊清掃は必要ありませんが、遺体は思っているよりも速いスピードで腐敗が進み、孤独死した場合はかなり高い確率で専門業者による特殊清掃が必要になります。
一般的なハウスクリーニングでもよいのでは?と考える方もいるかもしれませんが、遺体からは血液や体液が流れ出て、強い死臭も発生します。床材に染み込んだ体液や強い死臭などは、通常のハウスクリーニングでは対処できません。
孤独死した現場に親族が入室することも危険なので避けてください。
死臭が発生している現場には、専用のマスクを着用して入室しなければいけません。そうしないと体調を崩してしまう以外にも、その後トラウマになって精神的なダメージを受けてしまうことも考えられます。
万一孤独死の現場に最初に入室してしまった場合は、臭いがきつくても許可なく窓を開けてはいけません。なぜなら、強い死臭が近隣住宅に流れて、大きなトラブルに発展する恐れがあるからです。
実際に、近隣住民外に干していた洗濯物に死臭がついて損害賠償を請求されたなどの事例もあります。
専門業者による特殊清掃が終わった後も、遺品には腐敗体液などが付着している可能性があるので、手袋をしながら遺品整理を行いましょう。

PageTop

株式会社Leapmaker ベイクリーン
無料見積りフォーム

| top | 不用品回収業者と遺品整理業者の違い | 遺品整理の途中で、踏ん切りがつかない場合 | 遺品整理は遠方からでも利用できますか? | 遺品整理を手伝って頂ける業者 | 遺品整理を手伝ってもらえる業者 | 適切な処分をして下さる遺品整理業者 | 横浜で丁寧に遺品整理をしてくれる業者 | 遺品整理で撤収される品物の処分方法 | 遺品整理はいつ頃から始めれば良いのか | 遺品整理を丸ごとお願い出来る業者 | 遺品整理をしないままで起こり得るデメリットとは? | 遺品整理を効率的に行うにはどうすれば良い? | 不用品回収業者と遺品整理業者の違いとは? | 遺品整理が大変だと言われる理由とは? | 遺品整理で捨ててはいけないものとは? | 罪悪感を抱かないで遺品誠意をするにはどうしたら良い? | 遺品整理が終わるまでに必要な期間はどのくらい | 遺品整理は何から手をつければよい? | 孤独死の遺品整理は誰が行うの? | 親の遺品整理で失敗や後悔しないためのコツとは | 遺品整理が遅くなって損をするのはどんなとき? | 遺品整理を業者に任せた方がよいのはどんなとき | 遺品整理で買取してもらいやすい遺品とは | 自分で遺品整理をするために知っておくべきこととは? | 安心して依頼できる遺品整理業者のチェックポイントとは? | 賃貸の遺品整理は相続人が行わないといけないの? | 孤独死した現場の遺品整理を行うときの注意点とは | 遺品整理を自分たちで簡単に済ませるコツや方法とは |