遺品整理の仕事に向いているのはどんな人?|横浜の遺品整理ならお任せ下さい。

株式会社Leapmaker ベイクリーン
無料見積りフォーム
space

faq

Q

遺品整理の仕事に向いているのはどんな人?

質問 会社の同期が突然仕事を辞めました。プライベートでは付き合いはなかったですが、社内では唯一何でも相談できる相手でした。
転職先も聞いていなかったので電話をして会社を辞めた理由を尋ねてみると、私が聞いていた以上に上司に不満を持っていて、今の会社にも未来はないと思い退職を決断したとのことでした。
一度会って詳しい話を聞きたいと伝えると時間を作ってくれて、遺品整理の会社に転職したことが分かりました。
実は私も遺品整理の仕事には前から興味を持っていて、人の生死に関わるやりがいのある仕事だと思っていました。場合によっては孤独死などの現場を清掃したりしなければいけないことも承知しています。
同期からもいろいろ聞いてますます興味が湧き、収入面でも現状よりもかなり条件が良くなることが分かり、遺品整理業への転職を真剣に考えています。
遺品整理の仕事に向いている人の特徴や、仕事に必要なことなどを教えて欲しいので、ご回答お待ちしております。

yajirusi

A

遺族の気持ちに寄り添って冷静な対応ができる人が向いています

遺品整理の仕事に就くときに特別な資格は必要ないですが、普通自動車免許を求められるケースもあり、中型免許が必要な場合もあります。
遺品整理は人の死に関わる仕事なので精神的にタフであることも求められますが、基本的に力仕事であるため、力の弱い人には向いていません。
遺品整理の現場はキレイな環境でないことも多く、ご存知の通りに孤独死の現場は臭いもきつくて体液の洗浄なども行う過酷な現場となります。また、現場がゴミ屋敷化していることもあり、かなりのハードワークを強いられることも少なくありません。
遺品整理を依頼する遺族は、大切な家族を亡くして間もない状況に置かれているため、気持ち的に不安定になっている方も多いです。そのため、遺族の気持ちに寄り添うことができて、冷静に対応できる人がこの仕事に向いています。
スタッフ同士の助け合いも必要になるため、仲間の体調なども気にかけられる人は遺品整理の仕事に向いていると思います。
遺品整理の仕事は、片付けて掃除をすることが基本となるため、掃除や片付けが好きな人は向いています。
毎回同じ現場で作業をする仕事でもないため、いろいろな場所に行って異なる環境で仕事がしたい方にも向いています。
力仕事なので、体を動かすことが元々好きな方なら、楽しみながら仕事をすることも可能です。

PageTop

株式会社Leapmaker ベイクリーン
無料見積りフォーム

| top | 不用品回収業者と遺品整理業者の違い | 遺品整理の途中で、踏ん切りがつかない場合 | 遺品整理は遠方からでも利用できますか? | 遺品整理を手伝って頂ける業者 | 遺品整理を手伝ってもらえる業者 | 適切な処分をして下さる遺品整理業者 | 横浜で丁寧に遺品整理をしてくれる業者 | 遺品整理で撤収される品物の処分方法 | 遺品整理はいつ頃から始めれば良いのか | 遺品整理を丸ごとお願い出来る業者 | 遺品整理をしないままで起こり得るデメリットとは? | 遺品整理を効率的に行うにはどうすれば良い? | 不用品回収業者と遺品整理業者の違いとは? | 遺品整理が大変だと言われる理由とは? | 遺品整理で捨ててはいけないものとは? | 罪悪感を抱かないで遺品誠意をするにはどうしたら良い? | 遺品整理が終わるまでに必要な期間はどのくらい | 遺品整理は何から手をつければよい? | 孤独死の遺品整理は誰が行うの? | 親の遺品整理で失敗や後悔しないためのコツとは | 遺品整理が遅くなって損をするのはどんなとき? | 遺品整理を業者に任せた方がよいのはどんなとき | 遺品整理で買取してもらいやすい遺品とは | 自分で遺品整理をするために知っておくべきこととは? | 安心して依頼できる遺品整理業者のチェックポイントとは? | 賃貸の遺品整理は相続人が行わないといけないの? | 孤独死した現場の遺品整理を行うときの注意点とは | 遺品整理を自分たちで簡単に済ませるコツや方法とは | 遺品整理の仕事に向いているのはどんな人? | 遺品整理を自分たちで行うときに覚えておくべきポイントとは | 遺品整理を安く済ませる方法とは |