遺品整理を自分たちで行うときに覚えておくべきポイントとは|横浜の遺品整理ならお任せ下さい。

株式会社Leapmaker ベイクリーン
無料見積りフォーム
space

faq

Q

遺品整理を自分たちで行うときに覚えておくべきポイントとは

質問 横浜市内の一軒家に住む者ですが、同居していた母が今年に入ってすぐに他界しました。
今住んでいる家は、父が建てた実家をリフォームした建物で、古い家には蔵があって物置代わりにしていて、そこはリフォームしたときもほとんど手をかけていませんでした。
母が使用していた部屋と蔵の中には両親の遺品がたくさんあって、そろそろ1年も終わろうとしているので遺品整理をしようと思っています。
初めてなので聞きたいのですが、遺品整理を自分たちで行うときに覚えておくべきポイントにはどんなことがあるか教えてください。
自分たちで手に負えない場合は専門業者を利用することも考えているのですが、その場合のメリットとデメリットについてもご回答いただけるとありがたいです。

yajirusi

A

作業を始める前に計画を立てることがポイントです

まず、遺品整理を専門業者に依頼すれば、自分たちで行うよりも短時間で作業を終えられて、手間や労力もかからないことが大きなメリットとなります。専門業者なら貴重品の探索も行ってくれるので、見逃していた現金などを発見してもらえる可能性も高くなります。
ただし、専門業者に依頼すると、当然ですが費用がかかってしまいます。遺品の数や重いものが多いと高額になってしまうので、費用を抑えたい場合は複数の業者から見積りをとることをおすすめします。
遺品整理にあまり慣れてしない業者や悪徳業者に依頼してしまうと、間違って大切な遺品を捨てられたり、金目のものを盗まれたりすることもあるので、業者選びは慎重に行いましょう。
自分たちで遺品整理を行う場合は、やみくもに始めると時間がかかりいつまで経っても作業が終わらないなどということにもなりかねないので、まずはきちんと計画を立てて、スケジュール通りに作業をすすめていくのがポイントです。何日までにこの部屋を片付けるなどと決めて、無理なく作業を行いましょう。
大量の遺品がある場合は、貴重品、思い出の品、明らかに廃棄すべきものなどに分かりやすく遺品を分類して、迷うものは時間をかけないように一旦保留にして専用の箱の中などに入れておきましょう。
遺品整理を行うときには、他の親族の了解を得ずに遺品を廃棄してしまうと、トラブルに発展する恐れもあります。特に相続人が他にいる場合は大問題になってしまうこともあるので注意してください。
その点専門業者に依頼すれば、遺品整理のトラブルにも配慮しながら作業をすすめてもらうこともできます。

PageTop

株式会社Leapmaker ベイクリーン
無料見積りフォーム

| top | 不用品回収業者と遺品整理業者の違い | 遺品整理の途中で、踏ん切りがつかない場合 | 遺品整理は遠方からでも利用できますか? | 遺品整理を手伝って頂ける業者 | 遺品整理を手伝ってもらえる業者 | 適切な処分をして下さる遺品整理業者 | 横浜で丁寧に遺品整理をしてくれる業者 | 遺品整理で撤収される品物の処分方法 | 遺品整理はいつ頃から始めれば良いのか | 遺品整理を丸ごとお願い出来る業者 | 遺品整理をしないままで起こり得るデメリットとは? | 遺品整理を効率的に行うにはどうすれば良い? | 不用品回収業者と遺品整理業者の違いとは? | 遺品整理が大変だと言われる理由とは? | 遺品整理で捨ててはいけないものとは? | 罪悪感を抱かないで遺品誠意をするにはどうしたら良い? | 遺品整理が終わるまでに必要な期間はどのくらい | 遺品整理は何から手をつければよい? | 孤独死の遺品整理は誰が行うの? | 親の遺品整理で失敗や後悔しないためのコツとは | 遺品整理が遅くなって損をするのはどんなとき? | 遺品整理を業者に任せた方がよいのはどんなとき | 遺品整理で買取してもらいやすい遺品とは | 自分で遺品整理をするために知っておくべきこととは? | 安心して依頼できる遺品整理業者のチェックポイントとは? | 賃貸の遺品整理は相続人が行わないといけないの? | 孤独死した現場の遺品整理を行うときの注意点とは | 遺品整理を自分たちで簡単に済ませるコツや方法とは | 遺品整理の仕事に向いているのはどんな人? | 遺品整理を自分たちで行うときに覚えておくべきポイントとは | 遺品整理を安く済ませる方法とは |